わきが手術は自由診療の医院がいいの?徹底調査してみました!

By | 2018年1月7日

hospital

ワキガ手術には保険診療と自由診療があるようです。

クリニックによっては自由診療しか受け付けていないという声もありました。

はたして本当なのか?調べてみました。

まずは相談者の質問内容から。


ワキガ手術では保険適用外としている医院があるのはなぜですか?

 

実際のところ以前にワキガは疾患と見なされて理解されてなかった、と申しますのは解釈できますが、昨今ではワキガは厚生労働省にキチンと疾病という形で承認されているのみとなります。

そのようにしてありますと、今日では保険適用内にすることができるのじゃないでしょうか?
リアルで、ワキガ手術に保険適用内見込める医療機関もまばらにあるということも考えられますし。
どうして、保険が利く医療機関と適用が許されない医療機関があってしまうつくりなのであるか認知していません。

自身のイメージでは、ワキガ手術そのものは厚生省に承認されているが、この手術メソッドと位置付けて承認されているっていうのはほんの少しのみで、おのおの医療機関がユニークなテクニックを利用している手術メソッドは保険が許されないということではないでしょうか?

あるいは、過去に何かしらの医療業界をテーマにしたアニメで、3つの薬を活用するに際し、そのような中での2個が保険適用内させても、一つが保険不適用ともなると、3つの薬みんなを保険不適用によって買わなければならなくなりますといったストーリーを観た覚えがかすかにあります。そういうふうなニュアンスのことが大切ですでしょうか?


 

これに対する答えがこちら。

 


このことは私の手術に向かっての「プライベートな情熱」と、私ひとりの「フィジカル的な原因」と、あるいは影響している「マネジメント的原因」だと考えられます。

私に依存してくれます患者のみをオペのターゲットと思って選らばせてくださり、この依存を完全に裏切ることのないくらいで100パーセント治癒やらせてあげたいと思うという意味です。

これよりもっとに手術ボリュームをアップさせるつもりなら、フィジカル的に荷重がかかりすぎ、さっきの余すところなく施術すると言われる私の強烈なパワーが実現できなくなる可能性があるのからと考えます。


 

各クリニックで自由診療しか行えない理由というのが存在するようです。

これは仕方のないことなんでしょうね。

ただ、だからといって自由診療が悪いというわけではないでしょう。

自由診療だからこそしっかりと診てくれる医院ももちろんあります。

自由診療だからこそ、時間をしっかりかけられるというメリットもあるのでしょう。

しかし、保険診療となるとどうしてもコストやかける時間も限られてくるので、それに伴うデメリットがあるのも事実です。

こういったデメリットを受け入れることができるのか?

あるいは受け入れられないなら自由診療を受け入れられるのか?

こういった部分が保険診療か自由診療かを選ぶうえではポイントになるのではないでしょうか?