残ってしまったわきが手術跡…きれいに消すにはどうすれば?

By | 2018年1月12日

wakiga23

ワキガ手術で怖いのが手術跡が残ってしまうこと。

はたして手術跡をキレイに消すことはできるのでしょうか?

跡が残ってしまったのはどうしようもない事実です。

事実は受け止めて解消法を検討していきましょう!

 

ワキガの手術跡はすぐには消えない

ワキガの手術跡というのは、すぐには消えないものです。

しばらく時間が必要でジワリジワリと判らないようにしなやかになっていくというわけです。

ですが術後6ヶ月ぐらい過ぎているというにもかかわらず、手術跡がボコボコで黒くなっていて、ほかにもつっぱるように感じて手がアップさせにくいというわけでは、限定的にせよ色素沈着などが発症しているといわけで、早い内に回復させるには頻繁にケアをすることが望ましいのではないでしょうか。

美白効果が高いケアといったものも考えることから、まず第一に手術をしてきてクリニックで相談されてみてはいかがでしょうか?

 

ワキガ手術跡以外にも心配な失敗のリスク

ワキガの手術跡は失敗の1つではありますが、ほかにも様々な失敗のリスクがワキガ手術にはあります。

例えば臭いが再発したりですとか、色素沈着が出てしまうといったものです。

再発については解消するには再手術などをするしかありません。

アポクリン腺を完全に除去できていないということですから、もしアポクリン腺を完全に除去するのであれば、再手術ということになります。

とは言え一度失敗した手術をまたやるのはかなり精神的にハードルがあると思います。

もし再手術を希望なら同じクリニックは選ばない方がいいでしょう。

再手術をする際は別のクリニック、あるいはメスを入れない治療法、例えばミラドライなどの手術を検討してみてはいかがでしょうか?

あるいは対処療法になりますが、汗や菌を抑えることでワキガの原因を抑えることも可能です。

例えばワキガ専用のクリームなんかがそうですね。

ワキガクリームなら汗を抑えつつ、菌の繁殖を抑える製品がたくさん出ています。

市販のクリームでは有効成分が含まれていないこともありますが、通販のクリームならしっかりと有効成分を含んだ製品が多く販売されています。

一度ワキガ手術に失敗した、あるいはこれからワキガ手術を受けようか検討してるけど、失敗のリスクが怖い…といった方はワキガクリームでの対策をおすすめします。

詳しくはこちらの体験記事で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

⇒ワキガクリーム「クリアネオ」を実際に使ってみた口コミを紹介